個人再生するとオートローンで買った自動車はどうなる?

個人再生を検討している人の中には、オートローンで自動車を購入して返済中だという人も少なからずいるでしょう。

オートローン完済前の自動車がある人が個人再生をすると、車はローン会社に引きあげられてしまいます。

オートローン完済後の自動車はローン会社に引きあげられたりはしませんが、個人再生では財産として扱われます。

オートローン完済前に個人再生すると自動車は引きあげられる

個人再生は裁判所を通して行う法的な手続きであるため、すべての借金を同じように整理しなければならないという決まりがあります。

オートローンも例外ではないため、完済前のオートローンがある人が個人再生をすると、ローンが整理されることで自動車がローン会社に引きあげられてしまいます

オートローン完済前で自動車を手放さずに借金を整理したい人は、個人再生ではなく任意整理を選ぶことをお勧めします。

任意整理は自分の代理人である弁護士などと会社側とが任意で行う交渉であるため、どの借金を整理するか自分で自由に選べるのです。

この特徴を利用して、オートローンを任意整理の対象から外せば、自動車を残したまま利息を全額カットし、返済期間を延長してもらうことが可能です。

オートローン完済後の自動車は個人再生では財産とみなされる

オートローン完済後の場合、個人再生において自動車は財産の一つとみなされます。

個人再生では借金額ごとに「最低弁済額」(最低でも返済しなければならない金額)の基準が決まっていますが、それに加えて持っている財産をお金に替えたときの金額も最低弁済額を決めるときの基準になります。

例えば、400万円の借金がある人の場合、財産がなければ最低弁済額は100万円となりますが、120万円の価値がある自動車を持っている場合は、最低弁済額が120万円になります。

個人再生ではオートローン完済後の自動車が回収・処分されることはありませんが、自動車の価値によっては減額してもらえる借金額が減ってしまうという点には注意してください。

まとめ

個人再生ではすべての借金が整理されることになるため、オートローン完済前の人が個人再生をすると、オートローンが整理されて自動車がローン会社に引きあげられてしまいます。

これを避けるには、任意整理を選んでオートローンを整理の対象から外せばOKです。

オートローン完済後の場合、個人再生をしても自動車が処分されることはありませんが、自動車は財産の一部とみなされるため、自動車の価値によっては減額してもらえる借金額が小さくなります。