親にバレないように個人再生する方法はある?

個人再生を検討している人の中には、親に借金のことを内緒にしていて、個人再生が親にバレると困る、という人も少なからずいます。

結論から言うと、親と同居している人や、親が保証人になっている借金がある人は、親にバレないように個人再生するのは難しいでしょう。

どうしても親にバレたくないという場合は、個人再生ではなく任意整理を選んだほうがいいと言えます。

親と同居している場合はバレないように個人再生するのは難しい

個人再生では、本人の家計を詳しく把握する必要があるため、家計収支表という家計簿を提出することになります。

家計収支表には世帯の家計をもれなく記入する必要があるため、親と同居している人は親の収入がわかる書類(給与明細書や年金通知書など)を添付しなければなりません。

親に無断でこうした書類を持ち出すと後々のトラブルの元になりますので、親と同居している人は親にバレないように個人再生しようとは考えないほうがいいでしょう。

親が保証人になっている借金がある人はバレないように個人再生はできない

個人再生では、すべての借金を同じように整理しなければならないため、特定の借金のみを対象から外すといったことはできません。

したがって、親が保証人になっている借金がある人の場合、その借金が整理されることで親に借金の残高が一括払いで請求されることになり、最悪な形で親バレしてしまいます。

親が保証人になっている借金としては、特に人的保証で奨学金を借りた人は注意が必要です。

親バレが気になる人は個人再生より任意整理のほうがいい

親と同居している人や、親が保証人になっている借金がある人が、親バレせずに借金を整理したい場合は、個人再生ではなく任意整理を選ぶことをおすすめします。

任意整理は自分の代理人である弁護士や司法書士と会社側とが任意で行う交渉なので、同居している親がいても収入を証明する書類は必要ありません。

また、任意整理なら整理の対象にする借金を自由に選べるので、保証人付きの借金だけ対象から外すといったことが可能です。

まとめ

親と同居している人の場合、個人再生では同居の親の収入がわかる書類が必要となるため、親にバレないように個人再生するのは難しいです。

また、親を保証人としている借金がある場合、個人再生ではすべての借金が整理されるので、親に借金の残高が一括請求されることで親バレしてしまいます。

それを防ぐには、親の収入がわかる書類が不要で、かつ整理する借金を自由に選ぶことができる、任意整理がおすすめです。