任意整理後の口座開設は簡単にできるの?

任意整理を検討している人の中には、「任意整理をした後は銀行での口座開設がしづらくなるのではないか」という心配を抱く人も少なからずいます。

任意整理の後は約5年間ブラックリストに載り、クレジットカードやローンの利用ができなくなるなどの制限がかかるので、銀行の口座開設もできなくなると考える人が多いのです。

しかし、実際には任意整理の後で銀行の口座開設をすることは簡単にできます。

任意整理の後でも口座開設は簡単にできる

任意整理をすると、銀行などが加盟している「信用情報機関」に任意整理の情報が登録され、クレジットカードが使えない、ローンやキャッシングを利用して借金ができないなどの制限がかかります。

しかし、銀行での口座開設は信用情報機関と無関係なので、任意整理をした後でも口座開設は簡単にできます

任意整理した銀行では口座開設ができなくなる

ただし、任意整理の対象に銀行の融資や銀行カードローンなど、銀行からの借金を含めた場合、その銀行では任意整理の情報が永久的に記録されるため、口座開設ができなくなります

例えば、三井住友銀行カードローンの借金を任意整理の対象に含めた場合、三井住友銀行ではもう口座開設ができなくなるので、みずほ銀行や東京スター銀行など、三井住友銀行以外の銀行を選んで口座開設をする必要があるのです。

任意整理なら銀行からの借金を対象外として債務整理できる

任意整理は自分の代理人である弁護士や司法書士と会社側とが任意で行う交渉なので、整理の対象とする借金を自由に選ぶことができます。

そのため、口座開設ができなくなると困る銀行がある場合は、その銀行からの借金を対象から外して任意整理すれば、その銀行で口座開設ができる状態のまま借金を減額してもらうことが可能です。

例えば、三菱東京UFJ銀行から50万円、モビットから60万円、イオンカードから40万円の計150万円の借金がある場合、モビットとイオンカードの合計100万円だけを任意整理すれば、三菱東京UFJ銀行を利用できる状態のまま、20万円近い利息をカットし、元本を60回払い程度の分割払いにすることができます。

まとめ

任意整理をすると信用情報機関に情報が登録されますが、銀行での口座開設は信用情報機関と無関係に行うことが可能です。

ただし、銀行からの借金を任意整理の対象に含めた場合、その銀行では口座開設ができなくなりますので、他の銀行を選んで口座開設する必要があります。

任意整理では対象に含める借金を自由に選べるので、使いたい銀行があったらその銀行の借金を対象から外したほうがよいといえるでしょう。