借金返済の裏ワザ!債務整理で合法的に借金を完済

借金返済の返済が苦しくてお金に困っている人は、「借金返済の裏ワザはないだろうか」と考えたこともあると思います。

実は、借金返済の裏ワザとして合法的にできることがあります。

それは、法律で認められた借金減額の手続きである「債務整理」です。

ここでは、借金返済の裏ワザである債務整理について説明したうえで、最も気軽にできる債務整理である「任意整理」の例をあげていきます。

借金返済の裏ワザである「債務整理」とは

返しきれないほどの借金を抱えてしまった場合でも、借金を完済できる裏ワザとして合法的に利用できるのが、債務整理という手続きです。

債務整理をするときは、弁護士や司法書士といった法律の専門家に依頼して、法律に基づいて借金を減額してもらったりなくしてもらったりします。

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、それぞれにメリットとデメリットはありますが、すべて法律で認められた手続きなので安心して借金を減らしてもらえます。

最も気軽にできる借金返済の裏ワザは債務整理の一つ「任意整理」

借金返済の裏ワザとして最も利用しやすいのは、任意整理という債務整理です。

任意整理では、弁護士や司法書士に自分の代理人としてお金を借りた会社と交渉してもらい、利息・遅延損害金を0にしてもらったり、返済期間を60回払い程度の長期に延長してもらったりすることができます。

例えば、東京スター銀行から40万円、アコムから50万円、イオンカードから30万円の合計120万円を借金している人だと、一般的には毎月の返済が6万円程度、返済総額が144万円程度になります。

ここで任意整理をすると、利息の約24万円が全額カットされ、元本の120万円を60回払いで返済することになるので、毎月の返済額を2万円まで減額できます。

また、遅延損害金が付いてしまっている場合も、任意整理によって遅延損害金がカットされるので、借金を完済しやすくなります。

まとめ

借金返済の裏ワザとして合法的にできる手続きとして、「債務整理」があります。

債務整理には、任意整理・個人再生・自己破産といった種類があり、それぞれメリットとデメリットがありますが、すべて法律で認められた手続きなので合法的に借金を減額できます。

債務整理の中でも任意整理は最も簡単なので気軽に利用できる手続きです。

任意整理をすると、利息や遅延損害金は全額カットされ、元本は60回払い程度の長期で返済することを認めてもらえるので、毎月の返済額を半分以下に抑えることができます。

三重で債務整理が得意な弁護士